タイトル 無実の富山さんの再審無罪をかちとる会ニュース ●ニュースNo.233(2008年2月25日発行)◎富山集会に来て下さい!
高裁前ビラまき

大井町ビラまき報告

 3・22富山再審集会!!

日時:3月22日(土)18時半開会

会場:きゅりあん大会議室(6階)(品川区東大井5-18-1)TEL03-5479-4100

※JR大井町駅から徒歩1分

講師:浜田寿美雄さん(奈良女子大教授-法心理学)

報告:葉山岳夫弁護士(富山再審弁護団主任弁護士)

ビラまき奮闘記

富山再審集会が近づいた。今回の会場はいつもに比べて広い。それも、たんに定員が多いだけではなく、全体に机などもゆとりをもっ て配置されていて、見た目も従来の倍ではきかない広さを感じる。したがって、そうとう参加者が多くないと盛況と言う具合にはみえない。たいへんなことに なった。せっせと集会参加を訴えてまわらねば大恥をかくことになる。

  というわけで、まず裁判所周辺のビラまきから始めることにした。ちょっと早めの8時すぎから始めてまもなく「国労1047人闘争団」の定期街宣が合流。思 い起こせば、原審「逆転有罪」のときはちょうど国鉄分割・民営化攻撃の最中だった。動労千葉支援行動にもよく行ったものだ。腕章をしてビラを配っている何 人かの労働者が興味深そうにビラを取りにくる。「解雇撤回・原職復帰までがんばってください」と言って渡すと「ン?」という表情で読み始める。彼らの原点 は私のでっち上げ粉砕・再審貫徹と同じく「解雇撤回・原職復帰」である。彼らが1時間くらいで街宣を切り上げるとき、「がんばってください」と声をかける 人もいた。

  10時前後の1時間、ここが勝負どころだ。この時間帯にビラを受け取る人の反応がよく、集会に参加していただいた人も何人かいらっしゃるはずだ。ビラのはけ具合が全然違う。ということで、「予定数終了」となった。

わずか1回だけでは話にならない。1週間後、30分ほどだが日弁連会館に用があるついでにがんばる。集会参加を期待できる人もあらわれた。しかし、まだまだ、この程度では話にならない。いっそうがんばらねば。

22日、国賠ネットの定例集会。ここにもビラ持参で参加。みなさん多忙な方ばかりなので「はたして・・・?」なのだが、旧交を温めるのもよいものだ。

こんな調子で、3月にはさらに自らを叱咤しつつ東奔西走の予定。

亀さんも着々と紙のつぶてを投じているようだ。後れをとるわけにはいかない。せめてビラまきくらいは互角以上というか、太刀打ちできなければ情けない。花粉症をはね返して奮闘あるのみ。(とみやま)

□ あなたもぜひ会員になってください

「無実の富山保信さんの再審無罪をかちとる会」(「かちとる会」)では、富山さんの無実を訴え、再審無罪をかちとるため、ともにたたかってくださる方を求めています。
再審に勝利するためには多くの人々の力が必要です。また、再審弁護団のたたかいを支えるための裁判費用等、多くの資金を必要としています。
あなたもぜひ会員になって富山さんの再審を支えてください。

▼会費は月額一口千円です。
▼あなたの会費は、再審にむけた運動づくり、再審の裁判費用等に役立てられます。
▼会員には、月一回、「無実の富山さんの再審無罪をかちとる会ニュース」をお送りし ます。
▼「かちとる会」では月一回、定例会を開き、再審をかちとるための話し合いを行っ  ています。また、集会や学習会、現地調査を行い、富山さんの無実と再審無罪を訴えています。これらの集まりにもぜひご参加ください。
▼会費の振込先
・ 郵便振込口座番号 00140-1-1506
・ 銀行振込 みずほ銀行 神保町支店 普通口座 1346188 無実の富山保信さんの再審無罪をかちとる会

 

大井町ビラまき報告

 亀………5

富山……2(亀さんから横取り1名含む)

山村……1

うり美…1

 「寒い、寒い、寒い!」、もうこの言葉しかでてこない。少しでも寒さを和らげるため、体を左右に動かす。
今日は無理かなー、なんて思っていたら、

「冤罪ですか?」と私に尋ねてきたかと思うと、すぐ署名をしてくれた男性がいた。

これで今回のビラまき報告は免れた!なんといっても1名という僅差が勝敗をわけるのだ。
その後、山村さんにも男性が署名していた。その様子をジイーと見ていた富山さんは、黙っておれんとばかりに、「私が配ったビラを見て署名したんだ」としき りに山村さんに訴えている。面白いのは、山村さんに署名した方は、富山さんからビラを受けとり、少し離れた山村さんの所で署名をし、そしてまた富山さんの 前を通って帰って行ったのである。

富山さんは余程署名に縁がないらしい。これで富山さんが、報告を書くことになるんだわ、ウッシッシーっと私は全く油断していた。
今日は、大井町周辺の雰囲気も違う。日も長くなったせいか人通りも多いなぁ等とボサーっと暫くつったっていた。
ふと亀さんを見ると、二人の女性が署名をしようとしているのが見えた。さすがはカリスマ亀さん。
山村さんが富山さんに「あそこに行って一人署名貰ってきたら?」言うと、富山さんは名案と言わんばかりに脱兎の如く亀さんの元へ駆けだしていったのである。

「まさか本当にいくとは思わなかった」と山村さん。
ボサーっとつったっていた私は、ここで事の成り行きを理解した。焦って「それは不正だぁ」なんて抗議したのに、なんで私が書いてるんでしょ。
脱兎の如く走っていった富山さんは、亀さんの前で署名を待っていた女性に「私が富山です」と言って現れたそうだ。

さぞ、びっくりしたでしょうね。 うり美

大井町のYさんから

休載

jump page top